セラミック

ダイヤモンドスラリーは、フラットラッピングセラミック表面に最適なオプションです

概要

国々が火星の表面にロボットを送るために競争し、億万長者が人類を惑星間種にすることを誓うにつれて、航空宇宙産業は人類の努力の中で最も急速に成長している企業の1つになる準備ができています。航空宇宙産業の背後にある原動力は、電子機器、電気通信、航空、石油およびガス、防衛、医療機器などの他の産業も前進させるでしょう。これらの産業は、大量の高度なセラミックおよび複合材料を必要としています。

一般的に遭遇する高度なセラミック材料は、炭化ケイ素、窒化アルミニウム、アルミナ、ジルコニア、チタニア、テルル化水銀カドミウム、炭化ホウ素、窒化ケイ素、炭化タングステン、およびケイ酸塩です。これらの材料は、その強力な導電性と高い耐食性により、電子機器や電気機器によく見られます。また、ボディアーマー、切削工具、エンジンにも使用されています。高度な複合材料は、宇宙船、航空機、およびドローンで一般的に使用されています。最も単純な形の複合材料は、補強材とマトリックスで構成されています。マトリックスは弱い材料であり、強い材料である補強材に埋め込まれて、方向性と方向性を提供します。高度な複合材料の強度と軽さは、他の材料に比べて主な利点です。

品質のダイヤモンドスラリーと粉末の利点

Qual Diamondダイヤモンド粒子は、独自の表面化学で処理されています。特別に配合されたマトリックスは、さまざまな用途のさまざまなダイヤモンドスラリー用に作られています。厳格なサイジングプロトコルと元素分析を含むISO準拠の品質管理手順により、ダイヤモンドの粒度分布が厳密になり、ダイヤモンドの純度が高くなります。これらの利点は、より速い材料除去率、厳しい公差の達成、一貫した結果、およびコスト削減につながります。

●ダイヤモンド粒子の高度な表面処理による非凝集。

●厳格なサイジングプロトコルによるタイトなサイズ分布。

●厳格な品質管理による高レベルのダイヤモンド純度。

●ダイヤモンド粒子の非凝集による高い材料除去率。

●ピッチ、プレート、パッドを使用した精密研磨用に特別に配合されています。

●環境にやさしい配合で、洗浄手順に水のみが必要です

ダイヤモンド研磨剤の用途

市場で新しい先端セラミック材料の数が増え続けるにつれて、精密研磨の需要も急増しています。高度なセラミック材料の高い硬度値により、ダイヤモンド以外の研磨剤を使用した精密研磨は困難です。高度なセラミック材料の精密研磨に関しては、スラリーの形のダイヤモンド研磨剤がしばしば選択されます。高度な複合材料は航空学でよく使用されるため、機械加工における高精度の要件と仕上げは、同時に重要かつ困難です。ラッピングと研磨に使用されるほか、ダイヤモンドスラリーは、SiC / Ti、AlSiC、Ti-6Ak-4V合金などの金属マトリックス複合材料の微細構造の完全性を明らかにするために研磨にも使用されます。 さらに、ダイヤモンドスラリーは、部品のシームレスな接合を提供するために、高度な複合材料の表面を平坦化するためによく使用されます。