光学とフォトニクス

概要

光学およびフォトニクス産業の製品は、私たちの日常生活の中にあります。それらは、スマートフォン、コンピューター、光ファイバー、レーザーシステム、望遠鏡、医療機器、および高度な電子機器やシステムに含まれています。今後数十年で、光学およびフォトニクス産業が社会に与える影響は、指数関数的に成長し続けるでしょう。より効率的な照明から発電用の太陽エネルギーの集中まで、光学とフォトニクスの特性を活用する製品の新しいアイデアは、途方もないペースで芽生え続けており、光学部品の製造に機会と課題の両方を提示しています。

品質のダイヤモンドスラリーと粉末の利点

Qual Diamondダイヤモンド粒子は、独自の表面化学で処理されています。特別に配合されたマトリックスは、さまざまな用途のさまざまなダイヤモンドスラリー用に作られています。厳格なサイジングプロトコルと元素分析を含むISO準拠の品質管理手順により、ダイヤモンドの粒度分布が厳密になり、ダイヤモンドの純度が高くなります。これらの利点は、より速い材料除去率、厳しい公差の達成、一貫した結果、およびコスト削減につながります。

●ダイヤモンド粒子の高度な表面処理による非凝集。

●厳格なサイジングプロトコルによるタイトなサイズ分布。

●厳格な品質管理による高レベルのダイヤモンド純度。

●ダイヤモンド粒子の非凝集による高い材料除去率。

●ピッチ、プレート、パッドを使用した精密研磨用に特別に配合されています。

●環境にやさしい配合で、洗浄手順に水のみが必要です

lens
product_electoric10_1
ceramics+and+solar+systems
fwefwe2

使い方

光学部品の精密研磨

光学およびフォトニクス業界では、さまざまな材料が使用されています。ほんの数例を挙げると、サファイア、セレン化亜鉛、硫化亜鉛、ゲルマニウム、フッ化カルシウム、フッ化マグネシウム、炭化ケイ素、ベリリウム、イットリウム-アルミニウムガーネット、およびガリウム窒化物。前述の材料の精密研磨は現在高い需要があり、急上昇し続けるだけです。光学部品のラッピングおよび精密研磨に使用される高品質のダイヤモンドスラリー/粉末の信頼できる供給元または供給業者を持つことは、サービスプロバイダーまたは製造業者の成功と収益性にとって重要です。

Graphic-How+it+works-DiamondSlurry+for+OPTICS